スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TKpルカの曲。

この間DAHLIAを投稿した訳ですが、ルカさんの曲ってあんまり書かないなぁと思って調べてみました。
自分の曲なのに調べてみましたって、よくわからないコトを云っている気もしますが。


まずは、先日のDAHLIA。


V系、ヴィジュアル系というのは髪型、衣装、化粧なんかが最大の特徴な訳ですが、
音楽的な特徴としてロック~ハードロックを基調としたヘビィメタル及びポップロックが主流ということみたいです。(Wikipediaより)

メロディアスでありながらギターを中心とした、ハードで高速な曲(例外もありますが)
と云う様なイメージですね、私としては。
メロに関しては演歌にも近いべったべた感が好きだったりします。


その前のルカ曲は、TKp product pureにも収録されている、The last light。



R&B風の曲を目指しました。
G-KOBAさんにかなり色々教えてもらったりしましたねー、オサレって難しい。
CDのコンセプトとして自前のコーラスを入れています。


その前は、コラボ曲となりますが作曲とベーシックなアレンジをやっている、君唄-キミウタ-。



無国籍風ロッカバラードというか、なんというか。
切ないメロディがルカさんには似合うんじゃないかなーなんて思いますね。
調声はTAKE3240さんが、アレンジやMix、MasteringはSOLIDIOさん。
歌詞は未雨さんに書いて頂いています。

そして、ルカの処女作はgraduation。



王道のバラードで、卒業ソング的な感じです。
ストリングスやギターなど、頑張りましたが初期の作品になるとクオリティに差がありますね。


意外にも4曲しかなかったんですが、ルカの声が曲を選ぶというか
ミクはオールマイティに使っていますが、ルカを使う時は曲のキーや雰囲気なんかも
かなり考えている気がします。

古い曲ってあんまり聴かれないなぁ、なんて思ったのと折角のblogなので
ルカ曲紹介も兼ねて、書いてみました。
気になる曲があれば聴いていただけたらなー、と思います。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。