スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do you want toのおはなし



もともと構想自体はあったんだけど、globeのLove againのアルバムみたいに全曲取り止めの無い気だるさのある様な曲でアルバムを作れないかなと、思ってたんですよ。

で、何曲か作り出していた曲の中の1曲なんですよね。

この時構想していたアルバムに限って云えばオケを先に作って、その後にメロを書く小室さんのスタイルでやってみようと思って作っていました。なので、1番のオケを作ってから歌ったり弾いたりしてメロ書いていました。
他にもそういった曲が何曲かあったりします。

で、この曲を作りながらイントロは4分のリフにしたいなーと、思って。
・・・結局食ってたりはするんですが、小室さんは意外に大胆なことするので、こういうのはアリな気がしてまして。

打ち込みっぽいBrassについては昔、情熱大陸で小室さんが出ていた時に、華原朋美のアルバムnine cubesの制作現場を映した番組をやってたんですよ。
daily newsのBrassを手弾きしていた印象が残っていたので、それをイメージしながら弾いていました。ちょっとFACEっぽいですけどね。

あと、いろはさんですね。
昔から身内のなかでいろはさんはなかなかいい声だよねぇという話があって。
ミクさんはミクさんの、それぞれ特徴があるんですが、丁度いいキーが人間っぽいんですよね。
中の人は男の人なんですっけ?
まあ、どちらにせよ、ミクさんをハモるのと違ってキーが人間っぽく収まります。
声のレンジも普段から気をつけてるので、そんなにうそ臭くならないとは思いますけどね。

そういえば、風邪が治りかけてた時にハモを録ってたんですが、
声が出ない系の風邪だったので、凄く声がふわふわしてますね。

同じく風邪をひくとか、寝不足だったり疲労が溜まると、左耳の中域が聴こえなくなります。
実際には聞こえないというか詰まっているというか、バンドパスフィルターで200~2000Hz辺りを下げた様な、そして自分の声が無駄に響くという残念な状態になります。

ギターも手弾きの打ち込みだし、ドラムはループと手弾き打ち込みの生系ドラムを使ってます。
アコギとかも入れてますし、結構シンセ少ないですよね、バンドで出来そうな構成で。

歌詞もちょっと抽象的かも知れないですが、サビ頭で英語、タイトルを使いたいというのはあったのでそうしてます。
小室さんの曲はそういうの多いですからね。

エレピのソロはワンコードなのでどうしようもなかったというか、これに関しては経験不足過ぎる気はしますが。
完成まで意外と早かった気がします。

そんなDo you want toです。
派手でもないし、中々推しポイントが無いので聴いても、あんまりぐっとこないかもしれません。

何かこう、ゆっくりした時に聞いても邪魔にならないんじゃないかなって、思ったりはしますがシングル向きではないですよね。
狙ってそうしてるので、仕方ないですが。

シングル曲ばっかり作るのも何か違うなーって思ったりしてたんですよね。
よかったら聴いてみてくださいなー。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。