スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスだしXmas to youのお話。

普段あんまり凝った進行にはしないので、この曲は当時結構変わった進行にしたつもりだったんだよなー、なんて思い出して。

でも、実際は結構簡単だったりするっぽい。

間奏は単純にⅠⅣⅤだし、
Aメロはゲワイ変形、Bメロは王道だし。

サビはこうなってるわけだけども。

Ⅰ |Ⅴ/Ⅶ Ⅵm|Ⅲm7 |Ⅳ Ⅴ
Ⅰ |Ⅳ△7 Ⅲm7|Ⅱm7 Ⅲm7|Ⅳ Ⅴ

トニックからはじめるのはいいとしても、
2まわし目の4-3-2-3-4-5ってどういうつもりで作ったのか
いまだに思い出せない。

でもまあ、メロディは決まってたのでどうにかしようとしたんだろうけども・・・。

最後のWILDHEAVENっぽいベースはアレンジの最後の方に変更したんだけど、
FからB♭なら1拍づつ下げれば繋がるじゃん、と思ってそうしたんけど。
ルートはFだし、ベースはEだしメロはGだしでどういうコードなのか実際は良くわからないんだよなあ。
完全にブツかってる気もするが、メロは9thだからいいのか?うーん、コードのアナライズって誰か教えて欲しい。


当時88proで作ってたのでなかなか大変だったなあ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。