裏話2「SHEATH/TKp feat.Kiritan Tohoku」

今回楽曲はAIきりたんが登場した後、そこそこのスピード感を持って進められたのではないかな?と思っています。

AIきりたんがリリースされたのが2/22で、その瞬間から着手した訳ではないんですが、Love Uを作り出したのは2/25だったのでそこまでのラグがある感じでもないか。

Love Uは3/3に投稿してますね。
皆がカバーとかを上げたりしている中、どうせやるならオリジナルでしょう、なんて思ったりもして。キラキラポップは普段作らないですが、こういう曲の方が似合うんじゃないかな、なんて思って作りました。

3/8にbelieve youselfを投稿しています。
楽曲は前から出来ていて、歌詞を頂いた後数日で仕上げられる様に色々調整していました。
前々から目を付けて、いつか使おうと思っていたTextAliveはここで使うしかないでしょう!と思い頑張って使いました。結構癖があってなかなか大変なんですが、自力でこれだけのアニメーションを作るのはもっと大変なことは自明なので。動画編集もちょっとずつですが覚えていって、この辺はボイロバイク車載なんかの影響もあります。

その後も4/18にSEDIMENTを投稿
前述のTextAliveと実写のMVを作ってみたり、
4/27に投稿したCurse of androidでもTextAliveを活用しています。


今回アルバム形式にしたのも少し思う所があって。
今の時代単曲で聴かれるろいうのは定説だし、自分自身でもそう思うんですが、だからこそのアルバムという形にしたいと思った訳です。

アルバムミックスも作りたいし、シングルっぽくない曲も作りたいし、インストも作りたいし。それを単曲で出すのは何か違うのかなと思ったり。

それと、この頃は半音上げの転調をあまりしない様にしていたり、前回のブログでも書いたギターの使い方だったり、少しずつ制限をかけて、だからこそ作れるものがあるんじゃないかな?と

昔はスタジオを貸りて、貸りた分だけお金かかっていたし、決められた時間内でやっていたことが、自宅で出来る様になったら、長い時間をかけて作業もできる。

悪い事ではないんですけど終わらなかったり、もっと良くなるんじゃないかと思ったり。


だからこそ、きりたんのアルバムという形で、他のボイスロイドを使わない一人のアルバムという形にしたかった。
誰もやっていない時になるべく早くリリースもしたかった。
データがそろったのはゴールデンウィーク終わりくらいだったんですけどねぇ・・・。


とはいえ世間も大変な中で対応頂いたので有難いです。

KARENT
https://karent.jp/album/2646

itunes
https://music.apple.com/jp/album/sheath/1524579921




裏話「SHEATH/TKp feat.Kiritan Tohoku」

ちょっとした小話です。

実は今回ディストーションギターでパワーコードを弾いている様な曲が少なくて、believe yourselfとCurse of androidとscarの3曲だけです。
SEDIMENTはソロに使ってますけど、基本はクリーンのアルペジオと12弦ギターだし、Love Uには打ち込みっぽいアコギを使っています。

・・・まあ、全部打ち込みなんですけどね。

ギターは拘り出すと沼なんだろうな、というのはギター弾いている皆さんを見ているとよく思うんですが、ディストーションギターをパワーコードで弾くだけで低域が埋まって結構楽できちゃうってことがあったりして、自分への戒めも込めて今回は少し減らしてみました。

勿論コンセプトによって必要な曲がある時はガッツリ使いますけど。

それと、シンセを扱うことって軽く見られがちな気がする・・・しない?
どんな音でも出るので、自信を持って決めていく、自分の感性で、知識で、責任を取っていく。みたいな所があるんじゃないかなと思ったり思わなかったり。いやームズいっす。

サークルメンバーに言われて気付いたんですが、自分自身はバンドの音作りだったり、編成に拘りがある様な気がしていて。落ち着く音の積み方がバンドっぽい気がします。
なので、バンドしかできない人も沢山打ち込みの曲を作ってみて欲しいですね。

スネアの音色一つ取っても全曲でかなり違うんじゃないかなと。
ピアノもJD-800を使っているものもあれば生に近い音色の時もあるし。
scarのピアノソロ部分とLuinは何とか頑張って弾いています。技術に助けられている部分もかなりあるんですが・・・。

でも、やっぱり選択肢が広がると楽しい気がします。

KARENT
https://karent.jp/album/2646

itunes
https://music.apple.com/jp/album/sheath/1524579921




「SHEATH/TKp feat.Kiritan Tohoku」

今回のアルバム「SHEATH」はきりたんのアルバムってKARENTからはまだ誰も作ってないよね?と言う所から、動き出しました。

SHEATHは「鞘」という意味なんですが、調べてみると「きりたんぽ」って「たんぽ」を「切った」物なんですね。確かにきりたん砲は斜めに切ってあるな、なるほどなと。

そして「たんぽ」ってなんだろうと調べてみると槍なんかの頭を布で包んだものという事らしいです。
本来の意味とは違うのかもしれないですが、おおよそ鞘みたいなモノなのかもなあ・・・なんて思ってそんなタイトルにしました。

楽曲はインストを織り交ぜた全8曲。
構想上は7曲でも成り立つかと思っていたんですが、最後の最後ギリギリに1曲ピアノソロを入れました。
「Luin」・・・槍の名前を最後に入れる事で一気にまとまった気がします。

殆どの曲はニコニコやYoutubeに公開しているんですが、それで良いんじゃないかなと思って。今回はアルバムを買わないと聴けないですよ!というレア感を煽る必要はないんじゃないのか?欲しい人は買うだろうし、買わない人はやっぱり買わないんじゃないか?と思ってこんな形にしています。

そして、買ってもらうというよりは応援して貰えればなあ・・・なんて思っています。
これからも頑張ってほしいからビールの1杯でも奢ってやるか、みたいな感じで手に取ってもらえたらな、と。

実際には、ミックスやマスタリングをやり直しているし、フルで何処にも出していない曲も入っています。

浅倉大介さんのアルバムはインストとボーカル入り楽曲が半々くらいの物が多いんですが、一度はそういうことをやってみたいという気持ちもあり、今回にその要素を入れてみました。

ボーカル楽曲の振り幅が大きいので、まとめる意味でもインストは必要だったと思います。
長々と書いてみましたが、ボカロでもない楽曲を配信して頂いたCrypton様には感謝です。

キリタンカワイイヤッター

KARENT
https://karent.jp/album/2646

itunes
https://music.apple.com/jp/album/sheath/1524579921